株式会社ユニシアコミュニケーションズ

今すぐ連絡を取りたい方は tel.03-5755-5619 Tポイント加盟の資料請求はこちら お問い合わせはこちら
ホーム > 集客サポートブログ > 飲食店の開業 > ラーメン屋を開業したい! 必要な資金や資格は? 成功のポイントも解説
あなたのお店が繁盛店になる方法を無料で公開中。
セールスサポーターズはあなたのお店(小売店、飲食店、整体店、美容院など)の集客の仕組みづくりをサポートする無料のメルマガです。 日々の出来事やコンサルティングで感じた、繁盛店になるための集客の考え方をわかりやすくお届けします。 詳しくはこちら
飲食店の開業最終更新日: 2023/08/14

ラーメン屋を開業したい! 必要な資金や資格は? 成功のポイントも解説

ラーメンは老若男女問わず人気がある国民食です。飲食店を開業するなら、ラーメン屋にしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

ラーメン屋は、比較的開業しやすい業種ですが、開業時には資金や資格など準備すべきものがあります。また、事業計画を考えたり店舗の外装やレイアウトを決めたりと、やるべきことが少なくありません。

今回の記事では、ラーメン屋の開業にあたり、必要な準備などをわかりやすく解説しています。ラーメン屋の開業で成功するポイントや利益率を高める方法も解説しているので、最後までご一読ください。

ラーメン屋開業のスタートは事業計画から

ラーメン屋開業の具体的な準備の前に、まずは事業計画を考えることが重要です。事業計画とは、主に以下3つを指します。

  • 開業計画
  • 資金計画
  • 収支計画

それぞれを詳しく確認していきましょう。

開業計画

開業計画とは、どんなラーメン屋にするかを決めることです。立地やターゲット層、屋号、内外装のデザインなどを検討しましょう。立地はターゲット層に合わせて決めることが重要です。

次に、メニューと価格、営業時間などを決めます。さらに、食券で販売するのか、メニューを置き注文を取るスタイルにするのか、カウンター席のみかテーブル席も作るのかなども決めましょう。

資金計画

開業資金は、開業に関する資金計画のことです。資金とは、店舗の内外装費や厨房設備費、従業員の給料や家賃、広告宣伝費などの初期費用です。初期費用が大体どのくらいになるのか計算してみてください。

収支計画

収支計画は、毎月の収入と支出を予測することです。年間営業日数や客単価、客数などを想定してから収入と支出を算出すると、最低限必要な売上高や必要経費が明確になります。開業して何ヵ月で初期経費を回収できるかも計算しておくと安心です。

ラーメン屋の開業に向けて必要な準備

ラーメン屋の開業には、以下の準備が必要です。

  • 資金の用意
  • 物件選び
  • 必要な免許の取得・書類の届出
  • 必要な厨房設備・備品の用意
  • 従業員の採用・教育

準備内容について詳しく解説していきます。

開業準備①資金の用意

ラーメン屋の開業には、さまざまな費用がかかります。資金が足りない場合は、日本政策金融公庫、地方銀行・信用銀行、自治体の助成金・補助金などを活用して資金調達します。

審査のハードルが比較的低いのは、日本政策金融公庫や自治体などの助成金・補助金制度です。それでは、開業に必要な資金がどんなものか見てみましょう。

初期費用

ひとつめは初期費用で、およそ1,500万が必要です。主に物件取得費、内装・外装工事費や厨房設備費、資格取得費、広告宣伝費などがあります。新規の店舗の場合は、さらに壁紙の張り替えや水周りの工事、電気や照明の設置なども必要なため、費用がより高くなるでしょう。

さらに、油脂を多く使用するラーメン屋の場合、下水道へ食用油が流出するのを防ぐグリーストラップの導入が義務付けられていることもあります。

運転資金

2つめは、運転資金です。経営がすぐに軌道に乗るとは限らないので、余裕をもって半年分くらいの運転資金を用意しておくと安心です。大体1,000万を準備しておくとよいでしょう。

運転資金の内訳は、家賃や水道光熱費、食材費や広告宣伝費、人件費などですが、店舗の規模や仕入れなどによって運営資金は異なります。運営資金の中で最も大きな割合を占めるのが食材費です。

したがって、食材費を安くすると運営資金を抑えることにつながるでしょう。そして、意外と見落としがちなのが、ガス代です。煮込みに時間をかけたり、2つの寸胴に長時間火をつけたりする場合、ガス代がかさむ可能性があります。

開業準備②物件選び

物件を選ぶときは、新しく店舗を作る方法と居抜きを活用する方法があります。それぞれのメリット・デメリットや費用などを見てみましょう。また、物件選びのポイントもご紹介します。

新しく店舗を作る場合

新規で店舗を作る場合は、物件取得はもちろんのこと、内外装工事や厨房設備の導入など、店舗に関するあらゆるものを準備する必要があります。

費用は店舗の規模や工事の程度によってさまざまです。設備や内装を自由に決められるメリットがある一方で、一からすべてを準備するコストがかかるデメリットがあります。

居抜き物件の場合

居抜き物件とは、前の飲食店の内装を引き継ぐ物件のことです。店舗によっては、造作が無償譲渡のケースもあります。ある程度設備が揃っている状態から始められるので、大掛かりな工事も不要です。

メリットのひとつめは初期費用を大幅に抑えられること、2つめは工事にかかる時間も短縮できるため、比較的早くオープンできることです。デメリットは、以前の店舗のイメージを払拭しにくいこと、設備や備品の劣化によりメンテナンスが必要なケースがあるなどがあげられます。

開業準備③必要な免許の取得・書類の届出

飲食店を開業する場合、免許や資格を取得したり書類を提出したりする必要があります。免許や資格は取得に時間がかかる可能性もあるので、早めに準備しましょう。具体的に、どんな免許や書類が必要かご紹介します。

食品衛生責任者

食品の製造・販売を行う場合、「食品衛生責任者」の免許が必要です。免許を取得する際、保健所が実施する講習を受けなければいけません。ただし、調理師や栄養士などの資格を保有していたり、この免許を持っている従業員を採用したりする場合は不要です。

[食品衛生責任者の費用と受講時間]

受講料 1万円(税込)
受講時間 8時間:衛生法規(2時間)+公衆衛生学(1時間)+食品衛生学(3時間)

参照元:公益社団法人日本食品衛生協会

飲食店営業許可

ラーメン屋の開業にあたり、保健所で「飲食店営業許可」を取得します。まず、工事着工の前に、設計図を持参してください。そして、営業申請する際、営業許可申請書や必要な書類、食品衛生責任者を証明する書類を持参します。

このほかにも、生麺をテイクアウトで販売する場合は麺類税増業の許可、チャーシューなど加工肉をテイクアウトで販売する場合は、食肉製品製造業の許可が必要になります。

防火管理者

収容人数30人以上の店舗の場合、「防火管理者」の資格が必要です。防火管理者は、消防計画を作成して、防火管理業務を計画的に行う責任者のことです。

店舗の広さによって必要な資格が異なります。防火管理講習を受講すれば資格取得できるので、早めに取っておくことをおすすめします。

[防火管理者の種類と条件]

条件 資格の種類 費用 講習時間
収容人数が30人以上で延べ面積300㎡未満 防火管理者乙種 7,000円 5時間(1日)
収容人数が30人以上で延べ面積300㎡以上 防火管理者甲種 8,000円 10時間(2日)

参照:一般社団法人日本防火・防災協会「防火管理者講習」

開業届

事業を始めたことを申請する開業届を、税務署に提出します。このとき、青色申告承認申請書も一緒に提出しておくと、確定申告のときに便利です(青色を選択する方のみ)。

また、保健所に食品営業許可申請を提出するのも忘れないでください。店舗が完成する10日前までに提出しましょう。

開業準備④必要な厨房設備・備品の用意

店の規模や調理スペースの広さ、メニューなどが決まったら、必要な厨房設備・備品を用意します。用意するものは、以下の表を参考にしてください。

【必要な厨房設備】
作業台 ・調理するためのスペース
・使いやすさを重視
コールドテーブル ・作業台の下が冷蔵庫や冷凍庫になっているもの
・小型店舗におすすめ
冷凍冷蔵庫 ・店に保管する食材をすべて収まるか容量を確認
・冷蔵庫内に温度計の設置が必須
製氷機 ・飲み物を提供する際に必要な氷を作る機械
・夏と冬では氷の使用量が違うため、夏の使用量を基準に選ぶ
ゆで麺機 ・温度管理が簡単にできるため、調理を均一化できる
・湯切りザルがゆで麺機に幾つ入るか確認
ガステーブル ・口数の多いものだと、同時に複数のものを調理できて便利
・メニュー内容に最適な火力か確認
食器棚およびシンク ラーメン店の営業許可を得るには食器棚スペースとシンクが必須
食器洗浄機 ・主に4つのタイプがあるが、小型店舗の場合アンダーカウンタータイプがおすすめ
寸胴 ・スープを沸かすために必須
・アルミ製やステンレス製、モリブデン鋼などがあるのでニーズに合うものを選ぶ
2槽シンク ・1槽シンクと食洗機を横並びに設置した場合、2槽シンクと認めてくれるケースもある
中華レンジ ・メニューに炒飯がある場合、必須
・強力な火力が特徴
炊飯器 ・メニューに炒飯やライスがある場合、必須
フライヤー ・メニューにから揚げがある場合、必須
餃子焼機 ・メニューに餃子がある場合、必須
発券機 ・お金のやりとりが不要
・電子マネーに対応するものもある
POSレジ ・売上や売れ筋商品を把握できるので食材ロスを減らせる
冷水機 ・お冷をセルフサービスする場合、必須

このほかにも、ラーメン鉢やサイドメニュー用のお皿、コップやレンゲ、レードルや調味料入れなども必要です。トイレットペーパーやティッシュ、洗剤などの備品も忘れず覚えておきましょう。

開業準備⑤従業員の採用・教育

ラーメン屋は1人でも開業できますが、店舗の規模によっては人手が必要になります。従業員の採用・教育は、オーナーが自ら行うのが一般的です。なお、採用する場合は、オープンの1ヵ月以上前から求人募集するとよいでしょう。

ただし、従業員を採用すると人件費がかかるので、しばらくは自分や家族だけで乗り切るのもいいかもしれません。経営が軌道に乗ってきたら、忙しい時間帯のみアルバイトやパートを募集するのもおすすめです。

ラーメン屋を開業するメリット

多くの飲食店がある中でラーメン屋を選び開業する方は多数います。それでは、ラーメン屋を開業するメリットは何でしょうか。主なメリットは以下の3つです。

  • 開業資金が抑えられる
  • 独自のこだわりを出しやすい
  • 回転率が高い

それぞれを詳しく解説していきます。

開業資金が抑えられる

ひとつめは、他の飲食業よりも開業資金が抑えやすいことです。ラーメン屋は厨房とカウンター席だけの小型店舗でも開業できるので、初期費用を抑えられます。居抜き物件を活用すれば、さらに初期費用を抑えられるでしょう。

独自のこだわりを出しやすい

2つめは、独自のこだわりを出しやすいことです。ラーメン屋は、麺やスープ、具材などを工夫することで個性ある店として認知度を高めることができます。

スープだけでも、醤油・味噌・塩のほかに、豚骨系・魚介系・野菜系などさまざまあります。ラーメン屋は、店に個性を出して他店と差別化したい方におすすめです。

回転率が高い

3つめは、回転率が高いことです。ラーメン屋は、飲食店の中で比較的回転率が高い業態です。ラーメンを食べ終わるまでの時間は約15分といわれています。

一般的に、お客さんはラーメンを食べたらすぐに帰ることが多いため、回転率を高くしやすいのです。回転率が高いほど売上も伸びるでしょう。

ラーメン屋を開業するデメリット

ラーメン屋の開業には、以下のようなデメリットもあることを理解しておきましょう。

  • 競合店が多い
  • 原価管理に注意が必要

競合店が多い

デメリットのひとつめは、競合店が多いことです。ラーメン屋は未経験でも参入しやすい分、店舗の数も多いです。近くに競合店があると、お客さんをとられてしまう可能性もあります。特にラーメン激戦区となるとかなり厳しい戦いになるでしょう。

原価管理に注意が必要

デメリットの2つめは、原価管理の大変さです。麺やスープなどにこだわりすぎると、原材料や価格設定が高くなってしまう可能性があります。

価格が高すぎると、お客さんが安いラーメン屋さんに流れるかもしれません。利益を出すためにも、原価率が高くなり過ぎないようにしてください。

ラーメン屋の開業で成功するポイント

ラーメン屋を開業するからには、やはり成功させたいものです。ここでは、ラーメン屋を成功させる以下7つのポイントを紹介します。

  • コンセプトを決めて「強み」をつくる
  • 集客力が見込める立地にする
  • 販促を行う
  • サービスを充実させる
  • 十分な資金を確保する
  • 店内のレイアウトを工夫する
  • 外装・内装にこだわる

それぞれのポイントについて、詳しく確認していきましょう。

コンセプトを決めて「強み」をつくる

まずは、店のコンセプトを作ることが重要です。「どんな店にするか」を決めることで、店のあらゆるものを決定しやすくなります。

男性向けか女性向けか、高級志向か低価格か、などを決めることで、価格やお店の雰囲気などの方向性も定まるでしょう。他店と差別化するために、麺やスープ、具材など、独自の「強み」をつくることをおすすめします。

集客力が見込める立地にする

立地も、ラーメン店が成功するかどうかの重要なポイントです。出店を検討しているエリアの通行量や客層などを立地調査してください。居抜き店舗の場合、お店の入口が見えやすいか、入りやすいかどうかもポイントです。

車での来店を想定する店舗ならば、交通量の多いロードサイドがおすすめです。また、広い駐車場スペースや視認性が高い看板もあるとよいでしょう。反対に、徒歩での来店を想定するならば、住宅街やビジネス街などがおすすめです。

さらに、サラリーマン向けの店ならばビジネス街、地域住民向けの店ならば住宅街といったように、ターゲット層に合わせて立地を決めることがポイントです。

販促を行う

販促とは、主にチラシの配布やSNSなどです。チラシ印刷業者に依頼すると販促費が高くなるので、最初は手作りチラシをポスティングしたり手渡ししたりして、販促費を抑えることをおすすめします。また、HPやSNSも積極的に活用して集客につなげてください。

サービスを充実させる

お客さんの目線に立ったサービスを充実させることも重要です。例えば、お得になるアプリやクーポン、ポイントカードを作ったり、支払い方法を増やしたりするのもよいでしょう。雨の日はポイントが倍になるなどのサービスもお客さんに喜ばれます。

十分な資金を確保する

ラーメン屋が開業1年以内に廃業するのは、運転資金がなくなるというケースが多いようです。万が一に備えて、資金は多めに確保しておきましょう。半年分の生活費を確保しておけば安心です。

店内のレイアウトを工夫する

店内のレイアウトの工夫も重要なポイントです。カウンター席のみにした方が、回転率を高められる上、ホールにスタッフを配置する必要がありません。

厨房のレイアウトも作業の流れに沿って機器を配置したり、入と出の動線が交差しないようにしたりと工夫して作業効率を高めましょう。

外装・内装にこだわる

他店との差別化を図るため、外装・内装デザインにもこだわるのもおすすめです。店内がよく見えるつくりにしたり目立つファサードにしたりするのもよいでしょう。

店内は女性が入りやすいように、清潔感を重視することが重要です。内装は汚れが目立ちにくい色がよいでしょう。居抜きを活用する場合は、内装をそのまま使うのでなくオリジナリティを出すようにしてください。

ラーメン屋の利益率を高める方法

利益率とは、売上から経費(毎月変動するものと固定費)を引いたものを表します。ラーメン屋の利益率を高める主な方法は、以下のとおりです。

  • コストのバランスを考える
  • 毎月の固定費を抑える
  • 営業日数を多くする
  • メニューを選定する
  • 調理方法や導線を工夫する

それぞれを詳しくご紹介するのでぜひ実践してみてください。

コストのバランスを考える

原材料にコストをかけすぎると、コストのバランスが悪くなってしまいます。麺の価格はほぼ同じですが、スープやトッピングは原価率が高くなりやすいので注意してください。

スープに多くの食材を使うほど原価が上がりやすく、長時間煮込むと光熱費が上がりやすくなります。トッピングも具材によってはコストがかかるので慎重に選定しましょう。

毎月の固定費を抑える

固定費とは、家賃や厨房設備の減価償却費、人件費などのことです。この固定費を抑えることで、利益率を上げやすくなります。例えば、家賃を下げるために小規模な店舗にするのもひとつの方法です。

店舗が小さいと光熱費が下がる上、一人で営業できるので人件費も抑えられます。また、人件費を削減するために、営業時間を短縮したり、〇食を売り切ったら営業終了にしたりするのもおすすめです。

営業日数を多くする

営業日数を増やすことで、その分利益が高まります。経営が軌道に乗るまでは、できる限り休まず、継続的に営業しましょう。ただし、無理はしないようにしてください。

メニューを選定する

メニュー数が多いとオペレーションが大変になる上、食材ロスが発生しやすくなります。メニューは、絞ってシンプルにすることが利益率アップのポイントです。また、メニューは利益率が高いものがベスト。トッピングは利益率が低いものもあるので要注意です。

調理方法や導線を工夫する

オペレーションを効率化するには、ストックできるものは多めにストックしておいたり、厨房内をスムーズに動けるような動線にしたりとさまざまな工夫が欠かせません。

また、自家製麺にこだわりたい方もいるかもしれませんが、自家製麺を作るとなると、製麺機の購入が必要な上、設置するスペースも必要になります。自家製麺にこだわり過ぎず、コストを安く抑えることも検討してみてください。

ラーメン屋の開業はフランチャイズの方がいい?

ラーメン屋をすぐに開業したい方には、フランチャイズ開業という選択肢もあります。独立開業かフランチャイズか悩む方もいるかもしれません。まずは、フランチャイズのメリットとデメリットを見てみましょう。

フランチャイズで開業するメリット

メリットのひとつめは、初めての開業・未経験の仕事でも挑戦しやすいことです。研修やサポート体制が充実しているため、運営に必要な知識やスキル、集客方法や接客スキルなどを身に付けられます。

2つめは、開業資金を抑えられることです。企業によっては、開業資金をサポートしてくれるところもあります。

3つめは、ラーメンの味で失敗しないことです。独立開業の場合、自分のラーメンの味がお客さんに受け入れられるか気になるところですが、フランチャイズの場合、味が完成されています。多くの人に馴染みのある味なので開業当初から集客しやすいでしょう。

フランチャイズで開業するデメリット

フランチャイズには、デメリットもあることを理解しておきましょう。デメリットのひとつめは、自由度が低いことです。フランチャイズの場合、メニューやラーメンの作り方などもマニュアルで決まっているため、自分らしさを出したい方には不向きかもしれません。

2つめは、本部にロイヤリティを支払う必要があることです。加盟店は売り上げの一部をロイヤリティとして本部に支払いますが、売上が伸びないときでもロイヤリティを支払わなければいけません。

ラーメン屋開業のまとめ

ラーメン屋を開業するには、初期費用や運転資金などで多額の費用がかかります。 居抜き物件を活用したりメニューを選定したりと、さまざまな工夫をして上手に初期費用を抑えましょう。

ラーメン屋は人気の業種で競合店も多いですが、独自の強みを持つことで、他店と差別化することができます。ターゲット層や立地なども十分に検討した上で、成功するラーメン店を目指しましょう。

どんな小さなお店でも
売上を残し利益を生みだす
重要な仕組みを
無料で公開しています。
購読はいつでも
ワンクリックで解除できます

ご入力いただいた情報は、SSLで暗号化され、送信されます。また、弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。私たちも迷惑メールが大嫌いです。

月商500万円を目指す
飲食店、整体院、美容院、物販店などを
経営しているオーナー様へ

お金をかけずにリピーターを増やし売上を2倍にする方法があったら試してみたいと思いませんか? お金をかけずにリピーターを増やし売上を2倍にする方法があったら試してみたいと思いませんか?

売上がグングン伸びる集客方法を無料でお伝えします 売上がグングン伸びる集客方法を無料でお伝えします

さらに さらに

「繁盛店が当たり前に実践している3つの重要なポイント」をまとめたレポートをPDFにしてプレゼント! 「繁盛店が当たり前に実践している3つの重要なポイント」をまとめたレポートをPDFにしてプレゼント!

※ 迷惑メール対策をしている方は、こちらから送信するメールを受信できない場合がございます。 「ドメイン指定受信」等の制限を解除するか、「受信可能メール」として設定後にご登録ください。
個人情報の取り扱いにつきましては、 プライバシーポリシーをご確認いただき「同意する」にチェックの上、下部のボタンをクリックしてください。